ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

「おれのサーキット」の5巻をAmazonで購入し、全7巻揃い、子供の頃から願いが叶いました

スポンサーリンク

講談社の月刊の少年誌『コミックボンボン』の往年の名作、ポケバイ漫画「おれのサーキット」がついに全7巻揃いました。

子どもの頃からの夢が叶いました。

 

目次

スポンサーリンク

 

おれのサーキットを全巻コンプ

f:id:dysdis:20151108102541j:plain

ようやくです。「おれのサーキット」が全巻揃いました。

 

「おれのサーキットは私が幼いの頃に連載されていた漫画です。

ジャンルはポケバイによるレースものですね。

ポケバイとはポケットバイクのこと。

 

Wikipediaによると、本作は1982年9月号-1986年2月号に連載されていたそう。

連載当時、私はボンボンを愛読していました。

コロコロ派ではなくボンボン派。

 

ボンボンを読むだけでは物足りずに単行本も欲しかったです。

ですが、当時はボンボンもジャンプも買っていましたし、「キン肉マン」や「プラモ狂四郎」など、他にも好きな漫画も他にありました。

ですから「おれのサーキット」は単行本が発売されても買えない状態が続いていました。

 

しかし、そうこうしているうちに再版が終わっていたのか、近所の本屋には全く置かれなくなってしまいました。

哀しいかな、人気がなかったのでしょう。

なので、仕方なく古本屋で買い集めることにして、全7巻のうち1,2,6,7巻は自力で集めることができました。

 

残りの3,4,5巻を探し出す作業が超困難なミッションでした。

地元の古本屋は定期的にチェックをしたり、出かけや旅行で地元以外の場所に行った際には、出先で古本屋を見かけては「おれのサーキット」を探したりしました。

でも、どうしてもその3冊が見つからず、半ば諦めていました。

 

ところがその後、インターネットが一般に普及し、さらに『Amazon』が日本にやって来ます。

それにより、「おれのサーキット」を手に入れられる機会が再び巡ってきました。

今は生活が苦しいですけど、無理をしてAmazonで購入し、何とか全巻揃えることができました。

最後に購入したのは5巻です。届いたときに和紙のようなカバーがかけられていたので、そのまま写真に収めています。

 

おれのサーキット5巻

最後に手に入れた「おれのサーキット」の5巻の内容についてです。

 

5巻では主人公の「風巻翔太」が、自分のポケバイを親に買ってもらいます。

念願が叶って、視界が開けた気分になる翔太でした。

 

そんな中、翔太はフリークラスでもトップクラスの速さを持つ「安永航二郎」と出会います。

安永は翔太のライディングを見て、彼が自分と同じ「チーター」であることを見抜きます。

 

安永の言う「チーター」とはなにか。

チーターとは追いかけることが得意だけど、追われることが苦手なライダーのことです。

単独走では速い、しかし他のライダーと競り合いに弱い。

レースでは致命的な欠点になることは想像に難くありません。

 

一方、追うことも追われることにも強いライダーは「ライオン」と呼びます。

翔太の永遠のライバルで、フリークラスのチャンピオンでもある「氷室了」はライオンです。

安永は速さの面では氷室と匹敵する実力を有しています。

にもかかわらず、フリークラスのチャンピオンにはなれない。

安永が氷室に勝てない理由が「チーター」であることなのですね。

 

翔太は、安永から「決してレースで先頭に立ってはいけない」とアドバイスを受けます。

そんなことを言われても、レースは先頭に立たなければ勝てませんし、毎レース最終周に抜いてゴールできるほど都合良くはいきません。

漫画とはいえ。

 

というところが5巻のキーポイントになります。

 

チーターとライオン

このチーターとライオンの設定は物語のたいへん重要な要素です。

自分がチーターであるという悩みを、翔太は最終巻の7巻まで引きずることになります。

 

どうして翔太と安永がチーターなのか、その原因がわかるときもやって来ます。

原因がわかったところでどのように対処すれば良いのか、彼らの苦悩はなおも続くのですが……。

 

2人がチーターである原因は結構重いのですよねぇ。

チーターを解決する糸口は最終巻で語られることになります。

翔太が自ら見出し、翔太がその姿勢をレースで見せることで、レースを観戦していた安永も気づきを得ます。

 

おわりに

いやぁ、一時は諦めかけていた、というか諦めていた「おれのサーキット」が全巻揃いました。

今はKindleでも手に入るようなので、手軽に購入できますから、気になった方は是非購入して読んでみてください。

私は単行本が中途半端に手元にありましたから、絶対に紙の本で揃えると決めていました。

 

dysdis.hatenablog.com

  

おれのサーキット 上 (fukkan.com)

おれのサーキット 上 (fukkan.com)

 

 

スポンサーリンク