ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

1971年にBruno Barbeyさんが撮影した日本人男性のオーバーオールにキャスケットのファッションが格好良すぎます

スポンサーリンク

最近ファッションの記事を書いていないなぁと思っていたところに良い写真と出会いました。

 

http://futurepharaohs.tumblr.com/post/128439690609/fotojournalismus-young-japanese-at-local-pop

 

それがこの画像です。いつものようにTumblr (https://www.tumblr.com/) のタイムラインに流れてきたものです。

実はこの画像はもう何年も前にTumblrで知っていたのですが、何年か見かけないうちに忘れてしまっていましたが、ちょうど良いタイミングでどなたかが再びリブログしてくれたので、私のTLに流れてくれました。こういったふとした出会いがあるところがTumblrの良い所の一つですね。

画像の注釈によると「YOUNG JAPANESE AT LOCAL POP CONCERT, TOKYO, 1971. PHOTO BY BRUNO BARBEY」とあります。1971年の写真でBruno Barbey(ブルーノ・バーベイ)さんという写真家の方が、ポップのコンサートに集まった日本人の若者を撮影したもののようです。情報が正しいかは分かりません。

 

Magnum Photos Home

 

調べたところ、Barbeyさんは1941年にモロッコで生まれたフランス人写真家のようです。フォトジャーナリストと言った方がいいでしょうか。戦争の写真が多いみたいです。スイスのヴヴェイ (Vevey) にあるEcole des Arts et Métiersで写真とグラフィックアートを学んだ後、1960'sにMagnum Photosとの関係が始まっていき、のちに正会員になっています。

Magnum Photosは国際的な写真家集団で、創設者はRobert Capa(ロバート・キャパ)とHenri Cartier-Bresson(アンリ・カルティエ=ブレッソン)、George Rodger(ジョージ・ロジャー)、David Seymour(デヴィッド・シーモア)さんだそう。

私は趣味で写真を撮りますけど知識はさっぱりな人間ですので、写真家さんも全くと言っていいほど知らないですが、Magnum Photosの創設者のうちCapaさんとHenri Cartier-Bressonさんはさすがに名前は知っていました。Capaさんは日曜美術館とかNHKの特集番組とかで写真を見た記憶があります。Capaさんの有名な、スペイン内戦で銃で打たれた男性の写真は、Capaが撮ったものでなく同行していたGerda Taro(ゲルダ・タロー)が撮ったものではないか、という検証番組だった気がします。確か、Gerda TaroさんのTaroは岡本太郎さんから取ったんでしたっけ?

脱線が過ぎましたが、冒頭にリンクを貼ったBarbeyさんが撮ったとされる写真の日本人の若者の画像がたまらなく好きなんですね。特に中央やや右に映っている紫色のロングスリーブTシャツにオーバーオール、紫のキャスケット、メガネを含めて、全体としてとても良いバランスになっています。タバコを吸う姿も様になっていますし、奇跡の一枚レベルでオシャレです。

いやいや、これは全身を見たいですね。オーバーオールの裾をどうしているのか、靴はどんな色の何を履いているのかがとても気になります。ショルダーストラップをあれだけルーズにしているのですから、裾がダブダブになっている可能性は低くなさそうです。裾が地面や靴と擦れてボロボロになっているのか、それともロールアップをしているのかとか、靴はレモン色のハイカットのキャンバススニーカーだったら可愛いかもなぁとか、想像を掻き立てられます。いやスニーカーよりレザーシューズの方がいいかな。

その左に写っているデニムジャケットのお兄さんも格好良いですね。特に帽子のチョイスがとても良くて、効いています。被り方も良い。

 

dysdis.hatenablog.com