ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

航空巡洋艦(航巡)に「熟練艦載機整備員」を載せる選択肢を知りました

スポンサーリンク

航空巡洋艦(以下、航巡)に装備アイテムの「熟練艦載機整備員」を載せる選択肢があることを最近知りました。航巡に使えるんですね。

 

 

 

f:id:dysdis:20150808202802j:plain

 

艦載機の整備で卓越した能力を発揮できる整備要員です。
艦載機を装備した航空母艦に導入することで、同空母から発進する攻撃隊の能力を高めることが可能です。第一次攻撃隊のパンチ力不足を感じたら、お試しください!

 

というのが、図鑑の「熟練艦載機整備員」ページにおける説明テキストです。 火力+10対空+1命中+1索敵+1射程「長」というステータスで、軽空母や正規空母、航空戦艦(航戦)、そして今回紹介する航巡に装備させることが可能です。これまで私は、火力の高い空母系、具体的には飛龍改ニや龍驤改ニに使ってきました。射程を「長」にして攻撃順を早めていました。これについてはデメリットにもなり得るので、絶対に装備させていた訳でもないです。

今回、気付かさせてもらったのは攻略wiki*さんの熟練艦載機整備員のページ(熟練艦載機整備員 - 艦隊これくしょん -艦これ- 攻略 Wiki*)です。

 

 

航巡的には、主砲2の昼夜連撃構成を崩さずに3号砲と同等の火力上昇を得られるのが大きなメリット。いわば航巡用の徹甲弾として扱える。

 

などと書かれていました。もう少し書かれているので、気になった方は上に貼ったリンクからご覧になってください。

 

 

f:id:dysdis:20150808203555j:plain

f:id:dysdis:20150808203602j:plain

f:id:dysdis:20150808204457j:plain

 

これまで私が航巡にさせていた装備は画像上の、「20.3cm連装砲*2+瑞雲+三式弾」です。三式弾のところは電探だったり、海域によってはドラム缶だったり、夜戦アイテムだったりします。

で、今回知った熟練艦載機整備員を1つ装備させたものが画像中です。画像上の射程の項目を見ると「中」になっています。画像中と下ではそれが「長」になっています。これで攻撃順が早まります。

火力は、三式弾を装備させた画像上が97に対して、熟練艦載機整備員を装備させた画像中が107です。火力+10ですからそのまま。これなら連撃構成を崩さずに、主砲がSKC34 20.3cm連装砲や20.3cm(3号)連装砲であるなら夜戦連撃の火力は大和型にも匹敵するほどになるそうです。

2つ装備させると画像下、+20ですから117ですね。しかし、これだと制空権が優勢以上取れていても昼戦で弾着観測射撃を使えなくなると思われます。

 

 

おわりに

情報に誤りがあったら申し訳ありません。

こういう使い方があったんですね。なるほどです。航巡は利根型であれば夜戦火力は元々高いですけど、これならさらに期待できますね。

航戦も装備できますけど、航戦は元から射程が「長」ですし、航巡とは違って徹甲弾を積めますから、熟練艦載機整備員を装備させる機会はあまりなさそうです。

 

dysdiskancolle.hateblo.jp