ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

2015夏イベント「反撃!第二次SN作戦」でも札が付く。連合艦隊はE-2が最初みたいです

スポンサーリンク

2015年8月2日日曜日、『艦隊これくしょん ~艦これ~』の公式Twitterアカウント@KanColle_STAFFより、2015年夏イベントに関する詳報がもたらされました。

 

www.dmm.com

 

 

 

 

というツイートがそれ。2015年夏イベント「反撃!第二次SN作戦」は全7作戦海域、E-7まであるということが先日明らかになりました。

今回は甲乙丙の三段階作戦のうち、甲と乙作戦で攻略した場合は「それぞれに艦隊戦力を投入する必要がある」と告知されています。これは、その海域で甲or乙作戦を選択した場合は、その海域で出撃した艦娘にはそれを表す札が付き、他のイベント海域に出撃できなくなることを意味します。これがいわゆる「札付き」です。丙作戦を選択すればその限りではありません。2015春イベも同じように札付きでしたけど、最終海域だけは例外で、制限が解除され、艦娘に札が付いていようと付いていなかろうと出撃可能でした。

また、第一作戦海域、つまりE-1は通常の艦隊、第二作戦海域 (E-2) が連合艦隊であることも告知されました。「第一艦隊に精強な航空母艦及び同直掩戦力、第二艦隊に水雷戦隊を中核とした随伴護衛艦隊」との説明もあります。直掩(ちょくえん)とは、直接掩護の略です。主力艦に同行して直接援護する艦娘という意味でOKかと。

昨年2014年の夏イベ『AL作戦/MI作戦』では、この札付きのシステムが初めて導入されたイベントだと記憶しています。違いましたっけ? 一度出撃させると他の海域に使えなくなるということで、戦力を分散させねばなりません。序盤のE-1やE-2に主力を出撃させることもできませんから、比較的練度の低い艦娘を出撃させる必要が出てきます。結果、E-1相手でも戦力や練度が足らずに大苦戦する、という事態に陥りました。この頃は甲乙丙作戦の選択制でもなかったですし、確か支援艦隊にも札が付いてしまいましたし……今思うとかなり厄介な仕様でした。2015春イベでは支援艦隊には札は付かなかったはず。

今回は、札が付くとしても作戦難易度を選択できますから、昨夏に比べれば楽にな……らないでしょうね。難易度選択があってもさすがに第七海域E-7までは厳しいはずです。最近艦これに着任された提督さんは、無理をせずに札が付かない丙作戦を選択するか、あるいはイベントの開催期間は約20日間あることですし、期間中もある程度情報が揃うまでは通常海域でレベリングをすることも一つの手かも知れないですね。

ただ、難易度選択によってドロップ艦が異なるケースはこれまでにもありましたから、未入手艦の堀作業のためには、できるだけ高難易度でクリアしておいた方が良いに越したことはないのですが。