ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

女子ワールドカップ カナダ2015 準決勝 なでしこvs.イングランド戦の感想。最後の最後にオウンゴールしたBassettがかわいそうでした。

スポンサーリンク

2015年6月6日-7月5日にカナダで開催されている女子ワールドカップ "FIFA Women's Wordl Cup Canada 2015" は、日本時間2015年7月2日木曜日08:00よりに準決勝(ベスト4)、日本vs.イングランドの試合が行われました。

 

www.fifa.com

 

日本代表“なでしこジャパン”は、スイスとカメルーンとエクアドルと共にグループCに入ってファーストステージを戦い、3連勝で1位突破を決め、決勝トーナメントのノックアウトステージに入ってからもベスト16のオランダ戦を2-1、ベスト8のオーストラリア戦を1-0で勝利しています。

準決イングランドの試合は33分に有吉 (No.19) が獲得したペナルティキックを宮間あや (No.8) が決めて日本が先制、41分にWilliams(ウィリアムズ, 4)にPKを決められ同点、90+2分にBassett(バセット, 6)が川澄のアーリークロスをクリアしきれずオウンゴールしてしまい決着、スコア2-1で日本がイングランドに勝利しファイナルに進出しました。決勝戦の相手は2大会連続で米国です。FIFA選手のMOMは有吉。

スタメンは海堀あゆみ (18)、有吉佐織 (19)、岩清水梓 (3)、熊谷紗希 (4)、鮫島彩 (5)、宇津木瑠美 (13)、阪口夢穂 (6)、宮間あや (8)、川澄奈穂美 (9)、大野忍 (11)、大儀見優季 (17) 。交代は70分に大野→岩渕真奈 (16) です。 () 内は背番号。

 

 

www.legendsstadium.com

 

イングランド戦は、ノックアウトステージに入ってから、なでしこジャパンが最も苦戦した試合となりました。佐々木則夫監督も試合後に仰っていましたけど、これまでの疲労が取れ切れていなかったように私にも感じられるくらい、なでしこの選手たちの身体が重かったです。切れていなかった。

オーストラリア戦で無双していた宇津木も、これまでより精彩を欠いていたように感じられましたし、以前から指摘している大野が早くスタミナ切れしてしまう状態もこれまでより早く訪れていたように感じられました。

そう感じられた原因は疲労だけではなく、川澄が試合後のインタビューで言っていたように、イングランドの選手がオランダやオーストラリアより前から積極的にプレッシャーをかけてきたことで、なでしこの選手たちが自由にプレイさせてもらえなかったことも、大きな原因としてあろうかと思います。

イングランドの選手たちはスピードとパワーでなでしこを上回っていたこともあって、なでしこは後手に回されてしまっていました。プレッシャーが強くかかるとなでしこは弱いところがあります。プレッシャーに強いチームなんてそうそういないと思いますが。

先を読んだり周りを見渡す余裕がなくなって、逆サイドなどに比較的プレッシャーの弱い選手がいるのに密集地帯にパスをしたり、ミスをしたり、が増えてしまっていました。

イングランドの選手はボールサイドによる傾向がありました。つまりボールの逆サイドは緩かったですから、もう少し落ち着いてボール回しをすれば余裕を持って展開できたのになぁ、と思いました。

ただ、先ほど書いたようにフィジカルゴリ押しでプレッシャーをかけられれば、大抵のチームが余裕がなくなるものですからね。更に、ノックアウトステージからは選手を固定しているため、レギュラーの疲労の蓄積も色濃く出て来ていましたし、仕方ない部分も大いにありました。

そして、イングランドの攻撃が縦ポンサッカーであったことも、なでしこが苦しんだ原因と思います。ロングキックでよーいどんをさせられることが多かったので、前線とディフェンスラインとの距離が開けられてしまいました。それによって、なでしこが得意とする、複数人数が絡んでのボール回しや3人目の飛び込みや、複数人数でのボールホルダーへの囲い込み、といったプレイが攻守に出にくい状況に陥っていました。イングランドの戦術にハメられていた印象です。

 

それにしても、オウンゴールをしてしまったBassettは試合後に号泣していたんです……かわいそうでした。チームメイトや監督に慰められていました……見ていてこちらも辛かったです。

あのプレイは結果としてオウンゴールになりましたけど、彼女が触っていなかったら中に大儀見が詰めていましたから、仕方がないものです。Bassettのミスを誘うほど、川澄のクロスが素晴らしかったということ。

3位4位決定戦では是非ともイングランドに勝ってもらいたい。

 

という具合に、相手の戦術にハメられていても、何だかんだで勝ち切ってしまうところが、なでしこが大会王者たる所なのでしょう。

今大会は全て1点差で勝利しているなでしこ、セミファイナルですら「1点差の勝利」伝説をキープしていました。決勝の相手は前回大会決勝と同じ米国(アメリカ合衆国)です。米国はこれまで何度も対戦してきた相手で、なでしこは2012年に行われたオリンピック、ロンドン大会でも決勝を戦い、スコア1-2で負かされました。何としても借りを返したいところ。

なでしこジャパンvs.米国との決勝戦の試合日時は、7月6日月曜日08:00からです。

澤を休ませられたことが良い方向へ出ればいいなぁ。 

 

なでしこJAPAN W杯展望号 2015年 06 月号 [雑誌] (サッカーマガジンZONE 増刊)

なでしこJAPAN W杯展望号 2015年 06 月号 [雑誌] (サッカーマガジンZONE 増刊)

 

 

スポンサーリンク