ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

秘密のケンミンSHOWの「夏みかんの丸漬け」がめっちゃ美味しそうでした

スポンサーリンク

秘密のケンミンSHOW』の2015年6月25日放送分で紹介されていた、山口県萩市の「夏みかんの丸漬け」がめっちゃ美味しそうでした。

 

カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW

 

「夏みかんの丸漬け」は、糖蜜漬けにした夏みかんの中に白餡の羊羹を詰めた高級スイーツだそうです。商品名は「夏蜜柑丸漬」みたいです。商品のパッケージにはそのように書かれていました。

 

商品案内(夏蜜柑丸漬 :なつみかんまるづけ)|山口県 萩市 お茶菓子【元祖夏みかん菓子 光國本店】

 

この夏蜜柑丸漬は、外が夏みかんで中が羊羹。夏みかん1個をそのままお砂糖に漬けて、その周りにグラニュー糖をまぶしてあるのだそう。その糖蜜漬けした夏みかんに羊羹を詰めています。

夏みかんは萩産のものを使用し、ノミを使って夏みかんの芯を取り外し、さらに実まで掻きだしていました。実は使わないそうです(!)

皮を水に1日浸けて灰汁を抜き、大釜で湯がいて柔らかくし、さらに1日水にさらします。

 

皮を漬ける蜜は大正5年の創製から継ぎ足し使っているうちに、エキスが混ざって独特の旨味を生み出します。

 

上記の夏蜜柑丸漬のページに書かれていました。光國本店さんは1858年(安政5年)に創業され、150年以上も続いている老舗の和菓子店だそうですよ。

先ほどの夏みかんの皮を、引用分の糖蜜に入れて煮込んで夏みかんに糖蜜を吸収させます。

白羊羹の原液、これは企業秘密で詳しくは語られませんでしたが、夏みかん風味の白羊羹だそう。これを糖蜜で煮込んだ夏みかんに流し込み、蓋をかぶせて、常温で1日置いて白羊羹を固め、表面の羊羹をこそぎ落として1日乾燥させます。最後に表面にグラニュー糖をまぶして出来上がりです。

出来上がりまで4,5日かかっていますか。全て手作業のため1日80個ほどしか造れないと。手間暇がかかっているんですね、1個1,188円(税込み)と高価なのも頷けます。

味は、羊羹の甘さに加えて夏みかんの皮の苦味があるので、甘さが来て最後に少し苦味が来る感じだそうです。すっごい美味しそう。洋酒にも合うらしいです。

 

 

dysdis.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク