ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

シンガポールの頑張りで日本まさかのスコアレスドロー。これがワールドカップ、アジア予選の難しさ

スポンサーリンク

2015年6月16日、ワールドカップ、アジア2次予選グループE、日本vs.シンガポールの試合がありました。試合会場は埼玉スタジアムです。結果は0-0、スコアレスドローでした。簡単に感想を書きます。

 

今回明らかになったのは攻撃のオプションが案外少ないことです。後半最初に香川を下げ大迫を入れたことで前線が整理されたと思いきや、それも10分ほどで、次に中盤の柴崎を下げて原口を入れ、再び前線に蓋をしてしまいました。解説の中山雅史さんが言っていたように、前線がフラットに並んでギャップが生まれづらい状態、の完成です。あの交代が結果として終盤のアイデアのない雑なパワープレーに繋がってしまったことは、ハリルホジッチ監督の采配が良くなかったと言えるかも知れません。

試合の実況やレポートを聞いていた限り、ハリルホジッチさんはサイドを使うことを選手に求めていたようです。しかし、サイド攻撃が有効に働いていたかと言われると否でした。特に右サイドは、RWGの本田が中に絞る動きが多かったにも関わらず、RSBの酒井宏樹が追い越さなかったことが目についていました。LSBの太田も特に前半、消極的なパスが多かったですね。前半の後半からは積極的になり、LWGの宇佐美を追い越す動きも見られるようになりました。

それでも、シンガポールとの力は歴然としたものがあったのですから、相手の守備が4-1-4だったり4-4で綺麗に2ラインを作ったりで自陣に引きこもった、GKのファインセーブが続いたこと(その多くが素直すぎるシュートだったことも無視できませんが)があろうとも、勝たなければいけない試合でした。そういう意味では監督の采配以前に、決めなきゃいかんでしょう、と選手に言いたいです。

シンガポールのディフェンス陣は一見綺麗にラインを揃えてはいましたが、前半に何本かゴール前のいわゆるバイタルエリアに縦パスが入った際に、DFがあたふたしていましたから、前半もっと上手くバイタルを使えていれば、そのためにもサイドをもっと使えていれば、早いいうちに1点入ったのではないかと…そうすれば試合を楽に進められたのに…といっても終わってしまったものは仕方がないですね。

という感想でした。戦犯は誰? 選手か監督か、選手なら誰か、などと言うつもりは毛頭ありません。選手交代に関してはハリルホジッチさんより前任のアギーレさんの方が上手そうです。

 

何よりシンガポールはよく守りましたね。特にGKのマフブードが。今夜ネットで最も多く書き込まれた名前はマハブードかも知れないですね。

スポンサーリンク