ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

沖縄の男の人は適当な人が多く、女性がキュンとさせられることはあまりない、らしいです。

スポンサーリンク

2015年6月11日木曜日に放送分のtvksaku saku (http://www.tvk-yokohama.com/saku2/) で、視聴者からのメールで沖縄の恋愛事情的な質問が来て、沖縄県民の7!!(セブンウップス、http://7oops.com/)のヴォーカルで番組MCを務めるNANAEちゃん(ななちゃん)が答えていました。

沖縄以前にななちゃんは「でもさぁ、女の人のバッグを持っている男の人ってどう? 」とスタジオメンバーに問いかけていました。「(女の人の)鞄とかまで持つとちょっとね…… 」という考え方のようです。

 

で、沖縄の男女の話になり、「沖縄の男の人って……何て言うのかな、適当な人が多い気がする(苦笑)」「まぁもちろんしっかりしている人もいるんだろうけど、仕事とかでこっち(東京?)に来るようになって、凄い皆スマートだなと思って。ドアを開けてくれたりとか」「沖縄の人って女の人が強いからさ…もう全然ドア自分で開けるし、“しっかりしなさい”(背中を叩くジェスチャーをしながら)みたいなタイプだから、やっぱり男性にキュンとさせられることってあんまないかも知れない…」「うち(セブンウップス)のね、MICHIRUとかKEITAとか見てても」ということでした。

「荷物もちそうじゃないでしょ? 本当ミッチーとか特に、何も(女性が)喜ぶことが1つもできない人なの」「人が喜ぶこと何一つできない人なの」「マジでできないんだよ」とMICHIRUくん、可哀想に…いないところでも酷い言われようです。昔からですが。

 

MICHIRUくんたちには申し訳ないですけど、確かに沖縄の男性にはそういうイメージがあるかも知れないです。もちろんななちゃんが言っていた通り、沖縄の男性全てがそうだとは思わないですけど。

これまで何度かブログに名前を出した映画『ホテル・ハイビスカス』のヒロイン、美恵子(蔵下穂波)の父ちゃん(照屋政雄)は、一応ホテル脇のビリヤード場(と言っていいのか)を経営していますが、仕事らしい仕事はほとんどしておらず、母ちゃん(余貴美子)が夜にバーで働いて生計を立てていました。あのイメージ。

それと何かのテレビ番組だったかで、沖縄の女は男一人養えて一人前、みたいなことを沖縄のお母さんが話していました。戦争があったから女性が強くならざるを得なかったということも仰っていたでしょうか。沖縄のことを考えた場合、どうしても戦争のことがでてきますね。ホテル・ハイビスカスでも米軍基地のことにも触れていましたし、不可避なことに感じられます。

 

冒頭の、女性のバッグを男性が持つ、というのはたまに街で見かけますね。あゆみくりかまきのあゆみちゃん(あーちゃん)は、お父さんはお母さんの鞄をいつも持つ、と言っていました。お母さんが肩を凝りやすいから、という理由でしたが、そういうことは別として、特に理由もなさそうなのに持っている男性もいますね。

まぁでも、その2人が納得した上で男性が女性のバッグを持ってあげているのなら、何も問題ないと個人的には思いますけど。周りがとやかく言うことではないかな、と。私は絶対に持たなかったです。買い物などをして女性が重い荷物を持っているなら手伝いますけど、普通に普段使いのバッグを持ってあげることは皆無です。必要を感じないので。

 

ホテル・ハイビスカス 新装版

ホテル・ハイビスカス 新装版

 

 

スポンサーリンク