ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

家庭用「ティーラテの作り方」がニュース シブ5時で放送されていました

スポンサーリンク

2015年4月からNHKで始まった『ニュース シブ5時』 (http://www4.nhk.or.jp/shibu5/) では、巷でティーラテなるものが流行っているということが扱われていました。

 

irorio.jp

 

こちらの記事ある、コーヒーチェーンの『コーヒービーン&ティーリーフ』 (http://www.coffeebean.co.jp/) というところが日本に初上陸をし、東京の日本橋に1号店をオープンさせたことがニュースとなっていました。

そこでお店の紅茶のスペシャリストである、ティー部門責任者デイビッド・デカンディアさんが、家庭での「美味しいティーラテの作り方」のポイントを教えてくれていました。

 

 

  • まず最初に味を濃くするためにティーバッグを2つ使います。
  • 浸す時間は5分くらい。浸す時間が長すぎると苦くなって味が落ちます。
  • 砂糖を入れた後、ミルクを加えかき混ぜます。ミルクと紅茶の割合が1対1になるようにすると、バランスの良いティーラテになります。

 

 

大きなポイントは、茶葉をたっぷり使うことと、紅茶1 : ミルク1の割合で作ること、の2点です。

 

上記のお店では、ミルクをスチーマーを使って泡立てていて、こうすることでふんわりとした泡ができあがり、また、エスプレッソマシンを使って、上質なティーラテ用のカットされた茶葉をたっぷり入れ、高温高圧で一気に抽出することで、濃く香り豊かな紅茶に仕上がるそうです。

 

番組MCの松尾剛アナウンサーは、ティーラテとミルクティーの違いが分からないということをコーナー頭で仰っていました。私もよく分かりません。

ラテ (Latte) はイタリアでミルクだそうなので、それなら同じ物じゃないの?という。でもおそらくミルクを蒸気で泡立てている、いわゆるフォームドミルクだとティーラテ、泡立てていないとミルクティーなのではないかと思います。

 

 

 

スポンサーリンク